教室潜入体験!

潜入取材 佐藤が行く! ~minna~


こんにちは!

佐藤が行く5回目は、前回に引き続きパン教室へ潜入して参りました。

場所はたまプラーザから歩いて10分の、日のあたるとても素敵なマンションでした。

——————————————————-
■お教室名:cooking studio minna (クッキングスタジオミンナ)
■HP:http://minnadepan.com/
■先生のブログ:パン教室minna(みんな) http://ameblo.jp/maitake617/
■先生のお名前:吉永麻衣子 先生
■場所:神奈川県横浜市青葉区美しが丘
——————————————————–

 

さて、今日は私と他に2名の生徒さんがいらっしゃるのですが、

お二人ともお子様連れとのこと!そして麻衣子先生ご自身が、今年7月に男の子をご出産されたばかりで、産休後に教室を再開されたばかりなんです★

 

今回の潜入取材は、お子様連れOKのたまプラの大人気のパン教室です!

 

先生ご自身も4カ月になった赤ちゃんと一緒に開催されるレッスンなのです!

 

さて今日のメニューは、

●イングリッシュマフィン

●野菜ジュースでスティックパン

 

の2品です。

 

まずはイングリッシュマフィンからスタートです。

 

先生が1次発酵までして下さった生地の分割からです。

この生地、なんと油脂が2%しか入っていないのです。

先生の教室では、毎日食べてもらえるパンを教えているので、とにかく体に良い安心な材料で。そしてなるべく甘すぎず、油っこくないパンを!というテーマがあるようです。

さっそく皆で分割です。

 

そんな時も、「ママ~!」と子供たちが近くまで来ますが、おもちゃや絵本が沢山あるから大丈夫。すぐにお友達と良い子に遊び始めました。

生地を丸めなおして、コーングリッツをしっかりつけて、セルクルに置いていきます。

※写真左 清水さん  写真右 滝口さん

 

ママたちが必死に作業していると、その後ろで・・・

 

お子さんがおにぎりをママのバッグから取り出してラップごと食べようとしている(笑)

「ちょっとまってーーー」

 

と慌ててラップを取って食べさせてあげていました。

教室中大笑い!食いしんぼなんだね~!

 

そんな可愛い事件も起こりつつ、イングリッシュマフィンの仕上げ発酵に入ります。

 

「マフィンは天板を重ねて、平らに焼きあがるようにするんですよ!」と説明を受けたら、つぎは、野菜ジュースでスティックパンです。

 

このパンは以前、麻衣子先生がコレクルにUPして下さっていた、こちらです。

https://recipe.cotta.jp/recipe.php?recipeid=00002392

 

このパン、油脂と砂糖が一切入らない、離乳食にも使えるレシピなんです!

なんたって材料は、野菜ジュース、塩、イースト、小麦粉だけなんですもの。

1次発酵後の生地は、野菜ジュースのきれいなオレンジ色!

 

これを3等分したら丸めなおして30分程ベンチタイムです。

その間に、今日のレシピのについて座ってお勉強です。

 

麻衣子先生のお子さんが 「かまってよ~」と言わんばかりに少しグズってしまいましたが、そこは生徒のママさんがすぐ、あやしてくれました。さすがママさんたちの連携プレーです!

まずはイングリッシュマフィンの復習から。

パンにおいてのお砂糖の役割、コーングリッツが余った際のパンに練り込む使い方、セルクルを牛乳パックで作る方法・・・などなど、主婦の目線からも嬉しい情報を交えながら教えて下さいます。

 

また野菜ジュースでスティックパンについても、どうしてお砂糖を入れなくても大丈夫なのか、仕上げ発酵をする場合としない場合の出来上がりの違いについて、国産小麦と外国産小麦の違いなど、レシピを見るだけでは分かりきれない項目について、きちんと説明してくださるので、こだわりの材料や、パンが出来る仕組みについても、とても勉強になります。

ちょうどここで、マフィンの仕上げ発酵が終了し、焼成に入ります。

そしてベンチタイムが終了した、オレンジ色の生地を成型していきます。

清水さんは眠くなってきたお子さんを、おんぶしながらレッスン再開!さすがママはたくましいです!

 

成型といっても、本当に簡単で、まずは麺棒で長方形に伸ばします。

それを、ピザカッターで好きな形にカットしていくんです。

子供が一人で持って食べられるようにスティック状にするのがお薦めですが、

もちろん、三角でも四角でもなんでもOK!

 

こうやって、お子さんを喜ばせるために、かわいい成型をしているママも!

あとはオーブンで焼くだけです!

そこに丁度マフィンが焼きあがりました~!

 

とってもいい香り~。やっぱり焼き立てのパンというのはたまりませんよね。

さぁお楽しみのランチタイムです。


 

 

 

 

 

 

 

 

焼いた2種類のパンと一緒にマフィンに挟む、レタス・トマト・ハムを用意して、先生が今朝天然酵母で焼いて下さったパンも加わりました!

 

お子さんたちも加わって、ワイワイ和やかな時間です。

子供がいる空間って本当に癒されますね。

先生の天然酵母についてのお話しを聞いたり、使っている材料についての説明を受けたりしながら美味しく頂きました♪

 

ここで、生徒さんお二人に、minnaに通いはじめたきっかけについてお話を聞いてみました。

 

★清水さん

子育てをしていて忙しくても、何か「自分のすきなこと」を始めたかったんです。しかも、それが家族のためになることならもっといいなぁ。と思っていた時に、何気なくネットで色々検索していたら、パン教室minnaにたどり着きました。

確か先生のブログを見つけたのがキッカケだったのですが、とにかくアットホームな雰囲気を感じて、通ってみたいと思いました。幸運なことに家からもとても近くて、通いやすいんです。

先生のレッスンは通いたいときに通えるのが、自分や子供のペースに合わせられてとても好きです。これまでパン以外の色々な教室に通ってきて、なかなか「自分に会った先生」に巡り会えることって難しかったのですが、麻衣子先生は、「この先生ならずっと習いたい!」とピンときました。

 

★滝口さん

育休に入ったときに、時間に少しだけ余裕ができて、この時間を有効に使って、何か勉強したい!と思っていました。ホームベーカリーは持っていたのですが、なかなかレシピを見るだけで、生地の状態を見極めたり、成型をしたりするのは難しいと感じていたのでパンを習うことにしました。

でも子供がいるので、気兼ねなく通える教室を探していたらminnaにたどり着いたんです。ここは、家にある基本の材料で作れるパンを教えてくれます。だから毎日気軽にパンを焼けるようになりました。また、麻衣子先生は、材料の役割についてちゃんと教えてくれます。砂糖や塩がパンを作る工程でどんな役割を果たしているのか・・とか。これを知れてからは、レシピを参考にしながらも自分好みの味に調節できるようになりました。

車で30分ほどかけて通っていますが、麻衣子先生に習えるのなら、これくらいの距離問題ありません♪

 

 

私が今日のレッスンを通して感じたのは

先生が「手作りをすることって、こんなに楽しくて幸せなことなんだ!」と1名でも多くの方に伝えたいという強い気持ちでした。

 

先生はこんなお話をしていました。

「小さなお子さんを抱えて、パンやお菓子を手作りするって、最初は大変だと思います。だから最初は、材料は少なく、作り方も簡単なものからまずは始めてもいいと思うんです。もちろん、手の込んだパンや豪華なケーキも素敵ですが、それを毎日続けることは、なかなか難しいです。少しずつで良いので、手作りを通して家族への愛を表現し、それがどんなに幸せなことなのかを皆さんに味わってもらいたい一心です。本当に、手作りって家族も、そして私たち自身も幸せな気持ちにしてくれるんですよ。」

 

先生のレッスンでは、決して難しい言葉は使いません。珍しい材料も出てきません。

作る工程もシンプルです。

 

ここが、毎日作れる、気負いせずに楽しめるパン作りの秘訣なんだと思います。

 

パン教室minnaは、フリーレッスン制です。

自分の時間で、好きなレッスンに参加できるそうです。これも、ママさんが気負いせずに通えるようにするための制度だそうです。

 

今では200名以上の生徒さんのうち50%がお子様連れのママさんだそうです。

もちろん他にも、若いOLさんや、年配の方もいらっしゃいます。

 

驚いたのが、minnaは始めてまだ2年だそうです。しかも半年は先生の産休もあり、更には東京都豊洲からのお引っ越しもありました。それなのに、200名以上の生徒さんに支持されている麻衣子先生って!!!

お若いからこその漲るパワーと、お子さんを見つめる優しい雰囲気のギャップが、人気の秘訣ではないでしょか^^

 

是非、まずは先生のホームページやブログを覗いてみてくださいね^^

先生のお人柄や、レッスンの雰囲気が伝わってきますよ。

 

麻衣子先生、滝口さん、清水さん、大変お世話になりました^^

これからも幸せなパン作りを続けてくださいね♪

 

cottaスタッフ 佐藤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。