佐藤が行く

こんにちは!
cottaスタッフ佐藤がお届けする、潜入取材も番外編を入れると4回目になりました!
沢山の方に読んで頂き嬉しいです★

さて、今月は初めてのパン教室へ潜入してまいりました~。
プレミアムメンバーでご活躍中のchi‐先生のところにお世話になります m(__)m

——————————————————-
■お教室名:mamapan*sutadio (ママパンスタジオ)
■HP:http://www11.ocn.ne.jp/~mamapans/index2.html
■先生のブログ:ママはパン屋さん!? http://mamapan.exblog.jp/13808134/
■先生のお名前:北村先生 (ハンドルネーム:chi-mamapan)
■場所:埼玉  (※住所は非公開です)
——————————————————–

先生のお教室では、大きく分けると「ホシノ天然酵母」のクラスと「イーストクラス」に分かれており、自分で好きなレッスンを選んで参加することが出来ます。
今回私が参加したのは、イーストクラスの「バケット特別レッスン中級編」です!
こちらのクラスは、中級編というだけあって、入門編レッスンを受講した生徒さんのためのクラスです。 (佐藤は出てねーだろ!という突っ込みはお控えください。。。汗)

今日焼くのは2種類のバゲットです。1つは、なんと「加水82%」。そしてもう1つは、「24時間発酵」が特徴のバゲットです。
こんな風にテーブル横に今日のメニューが書かれています。

             

 

それではスタート!まずは加水82%のバゲットから。
加水82%って、そんな扱いにくいの、私には無理です。と放棄したくなるような生地。。

                                               

12時間の1次発行が終わった生地を出して、先生が実演しながら説明を進めます。
とにかく、手に生地が付いてくるので、いかに手数を少なくしながら分割するか、まとめ上げるかを説明しながら、見せて下さいます。

一通り見せて頂いた後、先生の通り私もやってみますが、生地を出すのも一苦労 

                          

手数少なくしたいけど、生地がついてくる~(涙)
うち粉がついている箇所だけを触りながらまとめるのがコツだそうです。

どうにかまとまり、ここでベンチタイムに入ります。


さて、ベンチタイムの時間を使って、テキストを使って、材料や手順のお勉強もします。

使っているお粉の吸水の加減だったり、その粉に向いているパンの説明などをして下さいます。
例えば、こんなお話。ちょっとだけご紹介します。

「今日はキタノカオリ70%と、タイプER30%をブレンドして使います。キタノカオリは吸水がよくて、扱いやすく、バゲットやカンパに向いている粉です。またタイプERは、扱いにくいのだけれど、気包が入り易い粉なんです。だからその2つの良いとこどりをするためにブレンドするんです!」

とかね。なるほど~。ブレンドってそうやって配合決めるんだと、納得。
他にも、モルトパウダーの効果についてや、こだわりの砂糖についてなど、とても丁寧にテキストを読み進めていきます。

おっとここで、ベンチタイム終了のタイマーが鳴り、一旦中断して、成形に。

          

さすが、手数が少なくて美しい成形!!

そして先生のお手本を見せて頂いてから、生徒が成形をします。

 

成形もいよいよ仕上げ。均等な太さになるように伸ばしていくのが、やっぱり難しい。
先生が伸ばし方のコツを教えてくれています。

 

 私もギュッギュッっと締めるところまではどうにか、・・でも綺麗に伸びない。

       

 

やっぱり、これは練習あるのみだな!と半分諦めながら(笑)仕上げ発酵に入ります。

こうやって上新粉を振っておくのよ、という説明をしてくださったのですが、
この後、2度も上新粉を振り忘れ、なんとこのアホな私に2度も突っ込まれるという、ちょっと天然の、かなりの可愛い先生!(笑)

こうして仕上げ発酵です。

 

さて、座ってまたテキストの読み合わせの続きです。
先生の教室には、ガスオーブンと電気オーブンがあるので、その使い方の違いについても教えて頂きました。
ハードパンといえば、300℃くらいでガンガンに予熱しますが、家庭用オーブンでは、そこまで温度が上がらないオーブンもありますよね。その際の解決方法も教えて頂きました!

発酵の時間をうまく使って座学を入れているので、実践→座学→実践→・・という感じで、とてもスムーズに頭に入ってくるのが気持ち良かったです。

でも、煩雑になるのでここには書いていませんが、2本分のバケットを平行して進めているので、かなり頻繁にベンチタイム終了や、仕上げ発酵終了のタイマーが鳴っていて「あれ?このタイマー何のタイマーだっけ!?」とまたもや天然な先生の発言に爆笑でした!!(笑) でもこのクラスが一番忙しいクラスだそうです。

「ピピッピピッ・・・・」
さて、仕上げ発酵終了で、いよいよクープを入れて焼きあげます。

       

私、クープが大の苦手・・・先生にコツを教えてもらうも・・・やはりうまくいきません。
練習あるのみですね(汗)

       

さて、焼いている間に、色々お話を聞きましよ♪

★丸山さん (2010年1月入会)
数年前にパンに興味を持ったんですが、その時からシンプルなパンや、ハード系に特に興味を持っていました。
前に松戸に住んでいたときに、ツオップのパンにも超ハマっていました!結婚して埼玉に引っ越してきた際に
先生のブログを見つけて、自宅から近くで自分が習いたいパンが習えると思って、通い始めました。今は、先生とまったく同じ電気オーブンを使っているのに、どうしてこうも自分のパンと違うのか・・・という謎をどうにか解きたいです。(笑) でも先生の教室は今や人気すぎて、21:00~予約受付開始で21:01には埋まってしまうんですもの。。。なかなか予約が取れなくて(涙)

★金子さん (2010年5月入会)
実は昔、ある大きなパン教室で、講師をしていたんです。でもそのころは、ハードパンや、天然酵母のクラスというのはなくて、学ぶ機会があまりありませんでした。それから随分パン作りから離れていたのですが、
「バゲットをカッコよく焼きたい!」という思いが強くなってきて。それで近所にあった先生の教室を見つけたんです。自分の興味がある分野に特化しているし、とにかく近いし(笑)
先生の教室に通い始めてから、「使う粉の違いだけで、でこれほどに違うパンが焼けるんだ!」ということに驚き、粉の種類について興味を持っています。また、天然酵母のクラスにも通い始めました。

そういう大人気の北村先生がパンに興味を持ったのは6年前。友達が持っていたホームベーカリーが羨ましくて羨ましくて、旦那様におねだりして買ってもらったのがきっかけだそう。
それからパン作りの面白さにハマり、色々なお教室に通ったり、通信教育でストイックに勉強したそうです。
でも最初から、菓子パンや可愛らしいパンではなく、シンプルなバゲットに興味を持って、そればかりを勉強したそうです。

さて、パンが焼けました。


おいしそう~!!

先生が用意して下さった「きたあかりのポタージュ」やジャムと一緒にランチです^^

午前のレッスンのときは、こうやって先生が何か1品ご用意して下さり、一緒に試食をしていきます。


今日のクラスの振り返りをしたり、家で焼いたときの失敗を相談したり、この時間もとても有意義。
レッスンを終えてみて、先生レッスンの予約がなかなかとれないのも納得です。

とにかく、レッスンの時間を楽しんでもらいたいという先生の思いと、お人柄のお陰で、最初から最後まで
とても和やかに、楽しく、そして時にストイックに進んでいくレッスンは、絶対また出たい!と思うレッスンです。ハードパンや、天然酵母を極めたいという方にピッタリの、このお教室。是非とも先生のブログをご覧になって、予約のタイミングを見逃さないでね!!

あ、あと先生のブログも、色々なパンのことが書かれていてとても楽しいです!ぜひご覧になってみてね^^
http://mamapan.exblog.jp/13808134/

北村先生、本当にありがとうございました!また自分でバゲット焼きますね!!
丸山さん、金子さん、入門コースに出ていない私を置いていかずに見守って下さって、ありがとうございました♪

cottaスタッフ 佐藤

カテゴリー: 教室潜入体験! パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。