食べるお花「エディブルフラワー」を求めて

今SNSで話題のアイテム、エディブルフラワーをご存知ですか?

IMG_3751エディブルフラワーとはEdible(食べられる)Flower(花)の文字通り、食用花のことを指します。(中には毒性のある花もあるので、食用にならない花は食べることができません。)

主に、農林水産省のガイドラインに基づいて食用として安全に栽培された花をこのように呼ぶそうです。

生きたお花ですから、摘んでしまうと1週間程度しかもたないため、cottaでの流通は難しのかな・・と思いながらも、こんな可愛いお花たちを、皆様のお菓子作りのアイテムとしてどうにか、お届けしたいという思いが強く、パートナーになってくれる農園さんを探しているところです。

今日は東京近郊のとある農園さんに伺ってみました。たまたま、今cottaのライブ配信で大人気の、代々木上原「ASTERISQUE」の和泉シェフも、エディブルフラワーを探しているということでしたので、シェフも一緒に伺いました。

IMG_3731

農園さんの方針で、お菓子に映えるように、ビビットすぎる色ではなく、なるべく淡い色のお花を配合して育てているという畑は、ニュアンスカラー一色で、乙女心をくすぐります。

IMG_3755

和泉シェフも、「こんな色が欲しかったんだよ。お菓子でなかなか出せない色だよ〜!」と興奮気味。農園オーナーさんのお花を育てる、熱い思いを伺って、より一層このお花たちが愛おしく思えました。

IMG_3777 (1)

今の時期は、パンジーやビオラが最盛期。夏に向けてはまた畑の色も変わっていくそうです。

IMG_3749

これは、パンジーの交配種でプリムラというお花。花びらに筋が入っているこの農園さんだけのオリジナルのお花です。

 

IMG_3492このお花のサンプルを使った、ASTERISQUEの試作プチガトー。洗練されたプチガトーにこの繊細な色味が抜群にマッチしています。

 

IMG_3754他にも色んなお花が咲いていました。こちらのビオラとパンジーにの交配種のお花は、パンジーのフリル感とビオラの小ぶり感のいいとこどり。

 

IMG_3784

和泉シェフが、「こんな色なかなか出せないよ〜」と唸っていた、品のあるパープル。お菓子でこの色を表現するには、くどくなってしまって難しいとおっしゃいます。

IMG_3796

このお花を摘んでその場で頂きましたが、茎までまったくエグミもなく新鮮なお野菜みたいで美味しい!色の濃い花びらをモグモグするとこんなに色が出てきます。

IMG_3776

農園に伺って、やっぱりcottaで流通させたい!という思いが強くなり、今作戦を練っております!春のうちに皆様にお届け出来るよう、体制を整えたいと思っております。

IMG_3799

気の早い和泉シェフは、早速注文を入れて帰られました。春の新作のお菓子として、すぐにでも店頭に並ぶことになるでしょう。是非遊びにいってみてくださいね。

ASTERISQUE・・・東京都渋谷区上原1−26−16 (月曜日定休)

cottaでの発売をお楽しみに♪

カテゴリー: その他 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。